『愛よりも深く』 9月3日発売予定です。2016年08月17日 14:34


愛よりも深く


既に、ソーニャ文庫さまの公式サイトやAmazonさま等でもご紹介いただいておりますので、ご覧いただいた方もおいでになるかと思いますが、次の本の表紙です。
初ソーニャ文庫さまです。
なんで姫野なのか場違いじゃないのかってお叱りを受けそうですね。
すみません。

気になるナカミは、奴隷のアデルが、お金持ちの男に買われて、ある高貴な男の心を虜にする魅力的な女となるべく、昼となく夜となく調教されるという内容になっております。
アデルは、病気の弟を救うため、お金持ちの男に命じられるまま、貴婦人のふりをしてその高貴な男を誘惑しようとしますが、しかし……、って感じでしょうか。

うむむ。難しい。うまくまとめきれてない気がするので、今回は、登場人物も紹介しておきます。


アデル …… 奴隷。弟思いのやさしい姉。

旦那さま …… アデルの持ち主。傲慢で尊大。ふつーにヤなヤツ。

灰色の瞳の男 …… 旦那さまの下僕。イケメン。細マッチョ。寡黙。常にアデルに寄り添い、アデルを調教する。

高貴な男 …… アデルのターゲット。

モードリン …… 旦那さまの姉。アデルと顔だちが似ている。

ウェルズワース …… 宰相。おじいちゃん。


さらに、お読みいただく際の注意点をいくつか

・このお話を読んでもしあわせな気持ちにはいっさいなれません。
・無駄に長いです(ほんとに長いです…)。
・地雷多数設置です。
・平素姫野が書いているものよりも、服着ていないシーンが多いです(お陰で、きれいなドレス姿の挿絵が一枚しかないというありさま)。
・登場人物全員が、どこか歪んでます(あるいは、歪んでいきます)。

それでもいいよという太っ腹な方は、よろしければ、読んでやってくださいませ。
昔の昼ドラ的ドロドロな感じは、楽しんでいただけるんじゃないかな? 楽しんでいただけたらいいな。

姫野としては、もうちょっとギリギリまで攻めてもよかったのではと感じるところもなくはないのですが、それでも、思いっきり楽しんで書かせていただきました。
楽し過ぎて、バカみたいに長くなってしまったよ……。
本来でしたら大幅に削るべきだったところ、このままでいきましょうとおっしゃってくださった編集さまには感謝の言葉しかありません。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック