本日発売です2017年11月20日 10:18




眠れる獅子と甘い恋の夢語り


『眠れる獅子と甘い恋の夢語り』
イラストは周防佑未さま。
セシル文庫さまより本日発売です。
お話のナカミは……。

祖父の遺した仕立屋を細々と営んでいた理久は、ある日美貌の投資家アダムと出会う。
一目できみを好きになったと、甘い声で理久に愛をささやくアダム。
理久も次第にアダムに心惹かれていくが、アダムは理久など想像もできないほどのリッチマン。
きっと、この恋には、いつか終わりが訪れる。
戸惑う理久とは裏腹に、アダムは情熱的だった。
だが、アダムには信じられないような秘密があって……。

というような感じです。
気軽に気楽にお読みいただける一冊だと思いますので、お見かけの際は、どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに、ホーリンラブブックスさんでお買い求めいたたくと、限定ブロマイド(カバーイラスト使用)がついてくるそうですよ。
周防さんのファンの方は是非!!
http://horinlovebooks.com/




最後に……。
ネタバレOKというか、内容知って安心してからお読みになりたい方のために、以下にタグ的なものを記しておきますね。
クリックすると、シールが剥がれます。

獣人 もふもふ 番 発情期 男でも妊娠出産 子育て スパダリ×清楚な美人 溺愛 でも、ちょっとは喧嘩もするよ





今月発売予定です。2017年11月10日 15:15

以前お話ししていたBLですが、今月発売の予定となりました。

タイトルは『眠れる獅子と甘い恋の夢語り』。
イラストは周防祐未さま。
セシル文庫さまより、11月20日発売予定です。

まだ見本誌をいただいていないのですが、姫野がやるべきことは全部終わっているので、たぶん、予定どおりに発売になるのではないかと……。
お見かけの際は、どうぞ、よろしくお願いいたします。

ナカミにつきましては、金髪に金の瞳のスパダリ(難しかった……)×清楚で美人な仕立屋さんとなっておりますです。
ほのぼので、しあわせなお話になっている予定です。

今まで書いたことがないお話を書いてみようと思うことはままあるのですが、今回は、一歩踏み込んで、違う自分になって書いてみました。
具体的には、

・ストーリーを作り込み過ぎない
・登場人物を増やさない

この二点を心がける、です。
おかげで、いつものように無駄に紙幅を食うこともなく(編集さま、いつも、すみません……)、その分えっちぃシーンも増やせました。
とはいえ、姫野が書くものなので、やっぱ、どこか姫野式からは脱却できていません。
スパダリも成功してない気がする……(涙)。
とりあえず、気楽に気軽に読める一冊にはなっていると思います。

今回書いてみてつくづく感じたのですが、TLやBLで求められているのは主人公が『愛されちゃって愛されちゃって困っちゃう』お話なんだろうと思います。
翻って自身が書いたものを鑑みれば、主人公が『愛しちゃって愛しちゃって困っちゃう』部分のほうが多いお話ばかりだったような気がします。
コレじゃイカンと思って軌道修正を試みたこともありましたが、小手先だけは器用なくせに、そういうところは不器用でどうにもなりませんでした。
最近ではオファーをいただいてプロットから起こして書くという時代でもなくなってきていますし、世の中には才能が溢れています。
正直、自分は、もう、及びじゃないと感じています。
とはいえ、書くことはやっぱり好きなので、この先も、どこかしらで何かしら書いてるかもしれません。書けたらいいな。

さしあたって、来年早々にTLの文庫を発売していただく予定です。
王子さま×他国の公爵家令嬢の政略結婚のお話ですね。
最初はただの義務でしかなかった結婚生活。しかし、次第にふたりの間には揺るぎない愛が芽生えていく、みたいな感じ?
こちらも、あとは最終校正を残すのみ。
校正、つらいです。
精神の体力ごっそり削られます。
がんばろう……。

今年も半年過ぎてしまいました…。2017年06月30日 10:47

ごぶさたばかりしていてすみません。

とりあえず、次はBLとお知らせしてから、既に半年……。
ぼやぼやし過ぎですね。
すみません。
とりあえず、原稿は書き上がっているのですが、まだ、発売日等、何も決まっていないので、決まったら、お知らせしたいと思います。
姫野としては、いつもと違う自分に挑戦してみました。
なんだろう?
溺愛系?
スパダリ×清楚なしっかり者美人の、甘いお話になってると思います(甘いシーンもいつもより増量サービスv)。

さて。
次はTLです。
オーソドックスな姫嫁の予定。
結婚から始まる恋って感じの純愛目指したいと思います。

『王子さまと極甘ロマンティック』は明日発売です。2017年01月15日 17:48


王子さまと極甘ロマンティック

都会では、既に本屋さんに並んでいるかもですね。
『王子さまと極甘ロマンティック』は、ロイヤルキス文庫さまより明日発売です。
事件も起こらず、悪い人も出てきません。
明るくて、気軽に読んでいただけるお話ではないかと思います。
よろしければ、お手に取ってやってくださいませ。
このお話には三人の『お兄ちゃん』が登場するのですが、姫野は、うーん、ヒロインであるフランチェスカのお兄ちゃんシルヴィオあたりがお気に入り、かな???
シルヴィオは、器用ではないけれど、まじめで、誠実で、妹思いで、やさしい人です。
シルヴィオみたいなお兄ちゃんがいてくれたらなー。
そうしたら、姫野の人生も少しは違ったものになっていたのかもしれません。
姫野にもお兄ちゃんがいましたが、姫野のお兄ちゃんは幼くして亡くなってしまいました。
まあ、そんなわけで、ちょっとホームドラマっぽいところもある一冊です。
禁断の恋もいいけど、家族に認められ祝福される恋ってのもいいねって思っていただけたら幸いです。



見本誌いただきましたv2017年01月05日 20:57

今回はとっても早く見本誌をいただいてしまいました。
昨年末には、もう、届いていましたよ(@_@)
年末進行というやつのせいでしょうか?
あの時期は、普段の二倍働かなければならないようなので、編集部さまも、印刷屋さまも、ほんとうにお疲れさまです。

今回は、本文イラストのできあがりデータを事前にいただいていなかったので、姫野も拝見するのは初めて(ドキドキ)。

おお!
ステキ……v

皆さまも、是非、書店さまの店頭で、北沢きょうさまのお手による美麗イラストだけでもご覧になってみてください。
蔦のからまる窓越しから見るキスシーンとか、とってもロマンティックなのですよvvv

『王子さまと極甘ロマンティック』は、ロイヤルキス文庫さまより、1月16日発売予定です。
なにとぞ、よろしくお願いいたします。